Bカートデベロッパー スタートガイド

アプリストア アプリ開発


BカートAPIを使い開発されたアプリケーションのオンラインストアです。
Bカートアプリストア
こちらで開発したアプリケーションを公開することにより、Bカートを利用しているユーザーへアプリケーションを提供することができます。

フロントエンドの仕様はこちらの資料をご確認ください。
Bカートアプリストアアプリ開発手順
バックエンドの仕様はこちらの資料をご確認ください。
Bカートアプリ アクセストークンの発行方法

まずBカートデベロッパーへログインが必要となりますのでアカウントを発行してください。
設定箇所は、Bカート管理画面>各種設定>外部連携>Bカートアプリストア アカウント管理より発行できます。

Bカートアプリストアのアカウントという名称ですが、同じメールアドレスとパスワードでBカートデベロッパーへもログインできます。
※ Bカート管理画面が必要なため、パートナー登録をされていない場合は下記からお申し込みください。
パートナープログラム

  1. OAuthクライアント作成
    アカウント作成後、Bカートデベロッパー ログイン画面よりログインしてください。
    ログイン後サイドメニューより、アプリストア アプリ管理をクリックしてください。
    作成ボタンより、クライアント名とリダイレクトURIを入力し作成してください。
    クライアント名 : OAuthクライアントの識別名です。ユーザーには表示されませんので管理しやすい名前を設定してください。
    リダイレクトURI : アプリストアでの認証を行った後にリダイレクトされるURIです。

  2. 認証情報を確認
    OAuthクライアントを作成後、一覧に先ほど追加したOAuthクライアントが追加されます。
    行の右側にある虫眼鏡のアイコンからOAuthの詳細を確認できます。こちらでは認証時に必要となるクライアントIDやクライアントシークレットが確認できます。


  3. アクセストークンの発行
    確認した認証情報を元にアクセストークンを発行してください。 大まかな手順は下記となります。
    1. クライアントIDやリダイレクトURL等を設定し、認可コードを取得
    2. 認可コードが発行されたら、認可コードやクライアントシークレットを用いてアクセストークンを発行
    詳細はアクセストークンの取得(OAuth2.0)をご確認ください。
  4. APIの実行
    アクセストークンが発行できたらAPIへのアクセスが可能となり、アプリの開発が可能となります。 APIの詳細についてはAPIドキュメントを参考にしてください。 APIドキュメントの活用方法 も用意がございますので、合わせてご確認ください。
  5. アプリを公開する
    アプリ開発が完了したら公開申請をすることで、Bカートアプリストアにアプリを公開できます。
    詳細に関しては公開申請ガイドラインをご確認ください。